2022.02.15

縁側のある家

変形した屋根が特徴的な平屋は、ウォルナット色の天井や、まるで縁側のように使える広いウッドデッキ、造作した格子戸など、どこか和を感じさせる落ち着いたお家になりました。リビングはオーナー様のご希望でフローリングではなく、あえてほぼ全面を畳リビングに。リビングでも気兼ねなくゴロンとできるし、冬は真ん中にこたつを出して家族であったまることもできます。固定概念に捉われず、家族の「居心地の良さ」を追求することで実現した、SCOLならではのお家です。